魔導杯

魔道杯用デッキの紹介です
もはや前日告知が当たり前になりつつある魔道杯、明日27日(金)の16時より、
『錬鉄の魔道杯』という肩書で開催されます。

そこで少しばかりではありますが、私のデッキ紹介をできたらと思います。

ただ、私自信が最近は7~9段の環境しか分らないのと、
基本は自分の持っている精霊でしか計算していないので皆さんの参考になるかは微妙なところです。

それでは、7段から順を追って紹介させて頂きます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【トーナメント7段用デッキ紹介】

7段はボスが火属性2体・道中も火属性の割合が高いので、水単色デッキ推奨です。

7

『精霊 』
リィル(7)・メル&マナ(5)・テオドール(6)・ナフィーヤ(2)・イングリット(6)
※()内は覚醒数になります
『最速ターン数』
7ターン(道中5・ボス2) 


現状8ターン、タイム勝負である7段にて7ターンを出せればタイム関係なしに1位が取れるはずです。
2600万ダウンロード限定精霊「テュイル」(AS130%エンハンス/SS敵全体180%ダメージ)が必須かと思われた7段の7ターンですが、現在開催中の「神竜降臨Ⅱ」の絶竜級にてランダムエンカウントする「ナフィーヤ」(AS130%エンハンス/SS中回復)にて代用するデッキです。
ダメージ量からすると6問正解でSS180%大魔術の撃てるテュイルの方が勝ってはいますが、
ナフィーヤには2つ目の覚醒スロットにて"パネルブースト"があることが魅力です。


以下、上から道中・ボス戦のダメージ計算表になります。
リィルフル道中
リィルフルボス
7ターンを出すには一定の条件が必要になってきますが、パネルさえ確保できれば8ターンを安定して出すことができます。

ロドムを使ったデッキを組む際の肝は、SS大魔術持ち精霊と開幕から効果力の出せる精霊がいる事です。
限定精霊はいませんので、このデッキを元に皆さんの持っている精霊でカスタマイズしても面白いと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【トーナメント8段用デッキ紹介】

8段はボスが全色でしかも左右のお供が属性軽減を撃ってきます。
道中は火と雷で若干雷が多めといった所、
セオリーはセト・ミネバあたりの精霊とエンハンス持ちの精霊を組み合わせた雷単色デッキです。

まずはセオリーの雷単色デッキを紹介させて頂きます。
こちらはtwitterにて交流させて頂いてます

葵@満たされない渇き(@toshihoshi0520)様から打点計算依頼を頂いたデッキです。


『精霊 』

セト(5)・セト(5)・アンジュ(6)・ルミィ(7)・メイヴィス(7)

※()内は覚醒数になります

『最速ターン数』

9ターン(道中6・ボス3)


※私が持っていない精霊がいますので、画像はございません。


正にセオリーのデッキと言ってもいいような組み合わせです。

パネルブーストを4つ積めるのがまた強みですね。

 

以下、上から道中・ボス戦のダメージ計算表になります。


LvNylCeh
KlzpW9jb


ボス戦でネックになるのが黄色蜂の待機ターン数です。

2T以上待機であれば9ターンクリアが見えてきます。 

計算はしてませんが、アンジュの場所にシトラを入れても同様の結果が得られるかもしれません。


そして今度は私のデッキです。私はセトを1体しか持っていない為、セオリーとは違う2色デッキにて挑戦しております。

8

『精霊 』
アメリア(5)・イザヴェリ(8)・ミカエラ(6)・オデット(5)・ツバキ(5)
※()内は覚醒数になります
『最速ターン数』
9ターン(道中6・ボス3) 

常駐に新しく追加された精霊「オデット」(AS水属性特攻/SS単体HP20%削り)を使ったデッキです。
他のブログ様でも以前から紹介されていた8段用火・雷2色デッキを少しカスタマイズしたものです。
8段は現在最速8ターンゴーストが確認されておりますので、このデッキでも1位を取れないことが多いと思います。
ただ、道中の安定度は中々のものです。
道中は基本赤パネルのみで進んで行きます、最速で5T抜けもできますが、ボス戦にてSS発動が遅くなってしまうと敵にダメージ軽減を打たれてクリアターン数が多くなってしまいます。ですので5ターンで抜けられそうな時でもあえて6ターンに調整して下さい。


以下、上から道中・ボス戦のダメージ計算表になります。
WS000002
WS000001

表内にも記載した通り、"ボス戦左右の蜂が2T待機以上"でないとターン数が多くなってしまいます。
アメリア・イザヴェリという今では手に入らない精霊がいるので万人向けではございませんが、
ミネバ・セト・シトラ・ルミィを使わないでも9ターンまででしたら出すことが可能です。

8段は他にもテオドールを複数積みした水単色、アスモデウス・イザヴェリ等の超火力アタッカーを揃えた火単色デッキを使ってらっしゃる方々がいます。
これはほんの一例ですので、色んなデッキを試してみるといいかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【トーナメント9段用デッキ紹介】

9段はボスが火・水、道中は火が若干多めの3色、
テンプレート的デッキは"テュイル"を組み込んだ水単色デッキです。
ですが、前回の記事でも少し触れた通り私はテュイルを持っていません、
ですので今回は雷精霊をピン刺ししたデッキを紹介いたします。

9


 『精霊 』
ソラナ(7)・テオドール(6)・ハヅキ(5)・リィル(7)・オデット(5)
※()内は覚醒数になります
『最速ターン数』
9ターン(道中6・ボス3) 

またもやオデットを使っています。
現在、最速10ターンもしくは11ターンタイム勝負の9段、
このデッキで最速を出せば入賞は確実だと思います。

で す が 、10ターンを出すための条件が自分で紹介しておきながら、
正直厳しい物があります。
まずは打点計算表を見て下さい。


以下、上から道中・ボス戦のダメージ計算表になります。
WS000003
WS000004

道中に水・雷の組み合わせが出て来てしまうと5ターン抜けは不可能になります。
また、ボス戦も5Tかかってしまうので、パネルの不安がつきまといます。
表内に記載した通りボス戦は6~9Tをソラナが変換した2色パネルを踏み、10T目に水パネルを踏む事で
5ターン抜けが実現します。
ですので、クイズ力も必要な組み合わせだと思います。
私は1体しか持っていませんが、ソラナを2体持っているのであれば、リィルと入れ替えても10Tが出せますし、パネルの不安もなくなりますのでオススメです。

----------------------------------------

以上7~9段用デッキを打点計算も含めてそれぞれ1つづつ紹介させていただきました。
ただ、元も子もない事を言ってしまえば、これは文字通り机上の空論に過ぎません。
期待値ではなくて理想値であることを知って頂きたいと思います。(予防線を張るようですみません)

魔道杯をストレス無く楽しむためにはやはり実際にプレイして安定度を上げていくことだと思います。
開催まで残り1日もありませんが皆さんが楽しみつつプレイできる事を願っております。
それでは今回はここまでにさせて頂きます。

ここまで呼んで下さった方、誠にありがとうございます。

-----以下、定型文です。-----
トーナメントのシミュレーションをいつでも受け付けております。
ご希望の方は『デッキの精霊と覚醒具合』を僕のtwitter宛にお送り頂けたらすぐには無理ですがご対応させていただいます。